オイルヒーター 電気代

スポンサードリンク

オイルヒーターがいいな

 暖房器具にはいろいろなものがありますが、今、オイルヒーターが人気です。楽天でもその販売台数を伸ばしているオイルヒーター。地球温暖化で、気温が高くなっているとはいえ、ここ数年の冬は都市部でも雪が降るなど、例年とは違った傾向があります。

オイルヒーターのメリット

 オイルヒーターは石油ストーブや石油ファンヒーターと違い、燃焼を伴わないことから様々なメリットがあります。電気で中のオイルを暖めるという構造のため、火災の危険がありません。また、お肌の大敵である乾燥も、抑えることができます。作動時に音がしませんので、夜間寝室での利用にも適しています。

出力調整は段階的

 エアコンや冷蔵庫などは、あらかじめ希望の温度を設定しておけば自動的にその温度になりますが、多くのオイルヒーターは違います。例えば、今人気のオイルヒーターは、出力を弱、中、強、というような段階に分けて調整するタイプのものが主流です。

電気代は?

 気になる電気代ですが、常に最強にして使っているとかなり電気代がかかります。しかし、ある程度暖かくなってしまえば、出力は小さくてもいいようです。はじめはファンヒーターやエアコンを使って暖め、ある程度の温度になったらファンヒーターを使うとか、あるいは、夜の間、小さくオイルヒーターをつけておき、部屋全体を最小限度に暖めておくのも一つの方法です。

使い方にもよります

 電気代はどの位かかるのか?一概に言い切ることはできません。あなたがお使いになる環境や、暖房とは?に対するあなたの考え方によって、その答えは変わってきます。

 

 寒冷地の方であれば、オイルヒーターだけで暖を取るのは無理でしょう。仮に行うとしても、かなりの電気代がかかってしまいます。

 

 エアコンによる乾燥、暖かい風を何とかしたいという希望を叶えたいのであれば、オイルヒーターは向いています。ペットや子供の事を考え、危険度の少ない暖房器具という店でも、オイルヒーターはお勧めです。また、あなたの家、部屋が高気密であるなら、オイルヒーター向きの構造と言えます。

 

 一つの目安ですが、オイルヒーターの電気代はエアコンを付けるよりは高く、石油ファンヒーターや石油ストーブに比べれば、総合的に見て、お得だと言えるでしょう。

 

 夜寝ている時に使うことができること、乾燥対策になること、火災や事故の危険性がかなり少ないことは大きなポイントと言えるでしょう。

まとめ

 オイルヒーターは使い方によっては、それなりの電気代がかかりますが、上手に使うことによって、あなたのニーズを十分に満たすことができます。電気代ばかりに目が行きがちですが、オイルヒーターを導入することによって得られる事のメリットと、電気代のデメリットを比べてみることも必要です。

楽天で一位のオイルヒーター


 

電気代に関する口コミ

 電気代に関して、具体的な数字のある口コミがありましたので、ご紹介します。やはり、オイルヒーターだけで暖を取ろうとすると、電気代が大変な事になるようですね。一工夫が必要です。

電気代が恐ろしいことになりました。。
普段は8000円くらいなのに、オイルヒーター使い始め第1回の電気代が18000円
期間限定だしと しかたないと思いつかってましたが第2回目の電気代が27000円でした。。
経済的にはoutです。
電気代さえよければ一日中でも使いたいのに。
夜限定でつかうことにしました。

スポンサードリンク

あの美白成分で、黒ずみケアができます

kuro

page top