田舎暮らしの住まい

スポンサードリンク

インターネットを使って、家を探す方法

 今のこの時代、田舎暮らしをするならインターネットを最大限活用するべきです。田舎暮らしの地域を決めるにあたって、大切なのが住まい。住まいが決まったなら田舎暮らしは決まったも同然ですが、なかなかどうしてインターネットの画面に向かっても、必要としている情報を探し出すのに苦労するもの。どのように探したらいいのかを簡単にご説明したいと思います。まずは、適当にあたりを付けて、各自治体のホームページを見てみましょう。そして、田舎暮らしとか、アイターン、ユーターンなどという言葉で更にサイト内を検索してみましょう。自治体によっては後継者不足の折、家も仕事も提供するから是非わが村に来てほしい、と、広告バリに宣伝をしている所もあります。いくつかの自治体で、調べてみて下さい。もしどうしても探すことが出来ない場合は、やはり田舎暮らしの本です。成功者の情報が沢山乗っていますので、参考にしてみて下さい。自治体のページ以外にも方法はあります。それは、その地域で成功している人が発信するホームページやブログを参考にするという方法です。先ほども書きましたが、この方法には注意点があります。あまり一人の人に傾倒しすぎることのないように気を付けて下さい。と言いますのは、私がまさにその逆の立場にかつてなっておりまして、かなり困った経験があるからなのです。私もかなり考え方に偏りがありましたが、当時はまだHP自体が珍しく、私のそれはそれなりの活況を呈しておりました。しかし、自分で思うに、私が発信する情報はかなり偏っていましたし、万人向けではありませんでした。そして最も大事なこととしては、移住のアドバイスを求められても、私は報酬を得られるわけではなく、内容によってはかなり苦痛のものもありました。苦痛になると返信する内容も少し偏ってきたりで、あまりこの状態は良くないと感じていました。ですが、これは十年以上前の状態ですので、現在は読んでほしい、コンタクトが欲しい、という方の発信するブログやホームページが沢山あることと思います。文面やコメントへの返答などをよく見て、あなたの方針にあった方がもしいらっしゃったなら、アドバイスを求めてみるのも一つの手です。でも、忘れてはならないことが1つありますので、お伝えしておきます。ブログにせよホームページにせよ、相手の方にご迷惑にならない範囲の質問にとどめておくようにしましょう。あまり突っ込んだ内容だと、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。情報収集はもちろん大切ですが、あくまでもきっかけにとどめておき、最終的な判断や、フィーリングの把握などは、絶対に自分自身の五感にて行って下さい。ブログ発信者とあなたとは他人です。感じることも全く違います。全てをうのみにしてしまうと、あなたは失敗します。絶対に自分で一度はそこに行き、実際に空気を感じて、決断するようにしてください。

スポンサードリンク

あの美白成分で、黒ずみケアができます

kuro

page top