80万円の枠が突然ゼロになりました。キャッシングの恐怖

私の現状

 私は個人事業主です。以前はサラリーマンでした。サラリーマン時代に、カードを作れ作れと、取引先や会社から言われていたので、キャッシュカードを5枚持っています。仕事はフリーランスです。インターネットを使って、様々な方法で収入を得ています。事業の中で仕入れが必要な部門があり、その兼ね合いもあって、日本政策金融公庫国民生活事業に3口、百万程度の借金をしています。これは毎月きちんと返済しています。今回、生活資金が少し足りなかったので、10万円程カードのキャッシングを利用しました。事業用資金ではなく、生活資金です。

スポンサードリンク

突然連絡がきた

 メールと郵送の文書とで、その知らせは突然やってきました。キャッシングが10万円を超えると、行われるという、資金力の確認です。私は案内されるがままに必要書類を揃え、カード会社に郵送しました。郵送するのと行き違いに、カード会社から電話がかかってきました。その電話は丁寧ではありましたが、やけに丁寧すぎて、私に対して何かを言いたいのかと勘ぐってしまうほどでした。とにかく、今の収入の明細を送ってほしい、ということでした。免許証のコピーや、保険証のコピーなども送りました。

ハガキがきた

 カード会社から、明細書のようなハガキが送られてきました。内容をみるとびっくり仰天、80万円あったカードローンの枠をゼロにする、というものでした。総量規制はわかりますが、あまりにも突然でしたので、大変困っています。今借りている分をまとめて返さなければいけないのかと思いましたが、よく見ると、新しくキャッシングはできません、返済は今まで通りお願いします。というものでした。カードの限度額はそのままのようです。書類一式をきちんと送ったのに、確認も電話も何もなく、はがき一枚で限度額が突然80万円も減ってしまいました。

頼りの綱、ビジネクスト

 ちょうど時を同じくして、ビジネクストから融資の増額の提案が来ていました。現在50万円を借りていますが、最大300万円まで引き上げることができます、というものでした。こちらも当方の明細を送り、融資の限度額50万円から80万円に増額となりました。この30万円を運転資金にして、これから何とか事業を上向きにしなければなりません。ノンバンクにお世話になっているわけですが、一度銀行に相談に言ったら、「申し訳ありません、ご融資いたしかねます」と言われてしまい、銀行から借りるのをためらっています。それに比べて公庫の方はとても親切で、私は3口借りています。自分で仕事をするというのは成功できればいいものですが、苦しい時もあります。何とかこの時期を乗り切って、上昇気流に乗せなければなりません。残りは2か月位しかありません。がんばらねば。

スポンサードリンク

あの美白成分で、黒ずみケアができます

kuro

page top